こんにちは!

米田建設の松田です。

 

先々月、先月と続けてご紹介した福岡市早良区の完成住宅事例。合計で3区画の条件付き土地を販売していたので、残る1区画T様邸も先日無事にお引き渡しを終えました。先にご紹介したU様邸、N様邸とは、がらっと雰囲気が変わるT様邸。今回のブログでは完成したばかりのT様邸をご紹介します。

2LDKという珍しい間取り〜早良区T様邸のこだわり〜
実はT様、福岡で注文住宅を建てる計画で約1年前に家族5人で移住されてきました。土地探しをしていたところ、そのときお住まいだったお家の近くで米田建設の条件付き土地を見つけ、それがご縁で米田建設での家づくりをスタートすることとなりました。

T様邸は、延べ床面積35.19坪、2LDKという珍しい間取り。1階には広い土間と寝室、2階にリビングと水回りを配置して繋がり感のある開放的な空間に。家族が多いので、トイレと洗面は1階と2階にそれぞれ設置。必要なものだけをぎゅっと凝縮したシンプルだけど使いやすい作りになっています。

広い土間と大容量のシューズクロークは通り抜けできる間取り

玄関を入ると広い土間がお出迎え。ここに1部屋作れそうな広さですが、「土間を広く取りたい」というT様のこだわりで実現した場所。

土間の先には、大容量のシューズクローク。シューズ類はもちろん、趣味のアウトドア用品も置けるように棚もスペースも豊富に確保しました。

シューズクロークの上には、普段使わないものを収納できるように高さ45cmほどの枕棚も設置。収納力抜群のシューズクロークに。

シューズクロークに入って左側には、通り抜けできる通路も。通り抜けの間取りならシューズクロークで靴を脱ぎ、玄関に戻ることなく家の中に上がることができます。生活に寄り添って効率のよい動線を考えた結果の間取りです。

子どもの成長に合わせた工夫、寝室と子ども部屋

玄関を入ってすぐ左側には、寝室と将来の子ども部屋を。3部屋を一つに繋げ、扉はあらかじめ 3枚作っておいて、子どもの成長に合わせて仕切れる間取りになっています。

天井を高く取って壁の上部に開けた小窓からは採光を確保。明るく開放的な空間となりました。自然光で目覚める朝も月の光を楽しむ夜も健康的でいいですよね。

 

意匠性を高める人気のアイアン階段が1階と2階を繋げる

土間の目の前に見えるのは、人気のアイアン階段。空間の意匠性も高めてくれます。階段の手前、土間からは見えない場所に1階用の洗面台も作りました。

階段を上がるとLDKに繋がっています。太陽の光が差し込む明るく開放的な空間が広がります。

T様のこだわりとセンスが詰まっている2階部分については、次回のブログでご紹介します。楽しみにしていてくださいね!